第1回モデラーズサミット レポート 「プレイバック!」

No.112 上原みゆき[G.P.M]さんの「ジムジャグラー」15位(56票)
No.113 私の作品の「STEEPLE-CHASER(障害物競走)」45位(21票)
No.114 遥蒼さんの「1/100 アストレアtype-F」91位(7票)
No.115 かおすさんの
       「1/144 00 ZAMRAIZER(ダブルオーザムライザー)」97位(6票)

   

 No.112 上原みゆき[G.P.M]さんの「ジムジャグラー」。
 ホビージャパン2005年2月号、ボール特集の際に掲載された1/100ジムジャグラーです。「MODEL RUNNER」のギャラリーに別途撮影した画像・製作解説がありますので、詳しくはそちらをご覧ください。http://modelrunner.net/chiba/uehara01J/0.html
 上原みゆきさんの作品の中で、僕が一番好きな作品群に入るのがこのジムジャグラーです。通常2個のボールを携行するジムジャグラーがなんと4個も!ボールはMGではなく1/144旧キットです。
 当日は、ホビージャパンの作例となった「1/100 デザートタイプザク」「1/100 水中試験用ザク」なども展示されていました。
 15位(56票)。



 No.113 私の作品 「STEEPLE-CHASER(障害物競走)」。
 私の作品です。なんでハードグラフで挑戦したかというと、誰ともかぶらなそうな気がしたので。また「中途半端な作品では1票もとれない」という意識もありました。結果的にハードグラフ(ワッパ)を荒川さんも使っていて、かぶってしまいましたが、イベントに花は咲かせられたのではないか、と思っています。
 時々自分の作品を遠くから眺めてみたのですが、隣に上原みゆきさんと濱薫さんの作品があって、チラ見されることもなく素通りする人が多かったのはちょっと悲しかったのです・・・
 が、それでも、こういうジャンルに興味がある方から票をいただけたようで、そういう面では狙いどおりでした。ありがとうございました。
 フュギュア製作初挑戦でしたが、モデラーズサミットに出品するのでなければここまで作りこまなかったと思います。
 数々の作品をこうして整理しながら並べてみたら、なかなか21票とるのも大変なイベントだったと思うと、十分な結果だったとも思えます。
 今回は事前のHPによるプレゼンも会場で誰かに説明することもほとんどなかったので、自然体でみんなに見てもらおうとしたのですが、こまかい細工に気付いてもらえなくって、そこはがっかり。ヘビやチョウチョがいたんですが、気が付かなかったでしょ?でも、説明しなくちゃわかんないような作品もダメだと思うので。次回はもうちょっと工夫しよう。
 詳細はこちらへ→ 「STEEPLE-CHASER(障害物競走)」
 45位(21票)。



 No.114 遥蒼さんの「1/100 アストレアtype-F」。
 私のとなりに展示されていた作品です。1/100MGエクシアと1/100アストレアtypeFをミックスして、MG仕様のtypeFを製作。とても鮮やかなtypeFでした。
 フォルムもディテールも野暮ったさが消えてメチャメチャかっこよく仕上がっている、ただ、隣に普通のMGではないtypeFをおかないと、どれくらい変わっているのかわからないかも。
 91位(7票)。


 全体にいえることですが、プレゼンテーションを工夫すると得票数が変わっていたかもしれない作品もありました。自分の作品で「説明しなけりゃわからない作品はダメだ」と言っておきながら矛盾しますが。



 No.115 かおすさんの「1/144 00 ZAMRAIZER(ダブルオーザムライザー)」。
 「ダブルオーバーザムにBディフェンサーが合体することにより真の力が発揮できる」とのこと、どういう設定なんだ? 一緒に展示してある作品はZAMアーチャーというらしい。ネタ?なんでティターンズカラーなの?
 「fg」というソーシャルネットワークがありまして、かおすさんの製作されたこの「ダブルオーザムライザー」は相当な人気がありました(お気に入りの数でだいたい人気度がわかる)。それでも9票か〜、きびしいな〜。
 最近は、ホームページで作品を公開しているモデラーはほとんどいなくて、ブログ,ミクシー、fgなど手軽な方法で作品を公開できるようになりました。凄腕モデラーをネットで発掘するのが大変です。
 97位(6票)。