梅雨ダガー SEEDコンペ!
(HOBBY SHOP HAPPY開催 第6回SEEDコンペ)

 「HOBBY SHOP HAPPY」(千葉県習志野市)で開催された「梅雨ダガー SEEDコンペ!」は、私は参加できませんでしたが、「8時間で製作した作品」には模型製作のヒントが積み込まれていて大変興味深いため掲載させていただきました。

【「梅雨ダガー SEEDコンペ!」とは】
【参加要領】

第6回ガンダムSEEDコンペを以下のとおり開催します。
内容は、ガンダムSEEDコレクションシリ−ズ(300円〜600円)のプラモをみんなで楽しく1日かけてカッコよく完成させよう!っていうのが目的です。
※但し今回はストライクダガ−(400円)のキットのみ使用のワンメイクコンペとします。

☆主催 G.P.M  協力 ホビ−ショップ ハッピ−様
☆日時 6/20(日) AM10:00〜PM6;00(8時間) 雨天中止
☆場所 ホビ−ショップ ハッピ−店先
☆参加費 無料  ※但し 道具(ニッパ−、筆、塗料、など)は持参してください。

  ル−ル
○キットはガンダムSEEDコレクションシリ−ズのストライクダガ−(400円)を使用。
○キットの下処理(準備)は合わせ目の接着のみ可。
 合わせ目消し、穴あけ、サフェ−サ−、塗装 など、加工は一切禁止。
○追加パ−ツ(改造部品)の下準備は塗装前(加工、サフェ−サ−)までOK
○塗装は筆塗りのみ、スプレ−類は一切不可。(瞬着硬化スプレ−のみ可)
○AM10:00〜PM6:00の間に完成させる事。作品タイトル、制作コメントを当日書く事。

※賞品など出ませんが、投票で順位を決めますので、皆さんふるってご参加ください。

 ほぼ、いつものとおりのルールですが、今回は「ストライクダガー」を使うというのがポイントです。私もこのキットを作ったことがありますが、とてもスタイルがよく、シンプルなデザインであるためイジリがいがあるキットです。昔テレビでやっていた「料理の鉄人」で“今日のお題は「だいこん」だ!”みたいな感じかな??
 G.P.Mの皆さんが、このストライクダガーをどう料理するのかが見所です。

 作品解説はすべて私(RUN)がやっています。今回は製作途中を見ていませんので製作者から聞いたり、作品を見て読み取ったことなどを書いています。
作業風景 作 品 (カッコ内は製作者)
A組の作業風景
 参加してないので作業風景はありません。
 入手次第、掲載します。
A組の作品
@兄弟仁義(濱薫)
A特盛り!!サバイバル定食。(神使い)
B帰還(藤井)
B組の作業風景

B組の作品
Cバスターダガー(HIDE)
DFULL ARMOR DAGGER(オレンジ・ボス)
Eピクシー・ダガー(切り込み隊長)
C組の作業風景

C組の作品
Fしんないあいだにできてた(GPMだんちょー)
GDYNAMIC GENERAL DAGGER(アムロ)
Hストライクマサムネ(セキネ)
D組の作業風景

D組の作品
Iダガー裏街道(松嶋伸)
Jストライクダガーフライトユニット(工作員)
Kバァーニングゥ・ファルコンッ!!(クーロン)


編集後記

■撮影はコンペの一週間後、6月27日の日曜日に行いました。当日協力してくれたGPMだんちょーさん、つっつーさん、HIDEさん、D.V.D(クーロン)さん、そしてHAPPYのおじちゃん、おばちゃんありがとうございました。

■私(RUN)が、このコンテストで注目しているのはこんなことです。
 ・全体の印象がよいか
 ・作者が思い描いたものは何か
 ・作家性(作者の個性)がでているか。
 という点です。技術力というのはイメージさえしっかりしていれば数をこなすうちに自然と身に付くのではないかと思っています。今回のコンテストでは、「ストライクマサムネ(セキネ作品)」や「バァーニングゥ・ファルコンッ!!(クーロン作品)」などに作家性みたいなものを感じて好印象でした。

■私もこのコンテストからいつも“やる気”をもらっています。
 2004年10月スタート予定のガンダムSEEDの続編、「ガンダム SEED DESTINY」でも、この低価格のコレクションシリーズが続くようなので、私もまだまだこのコンテストに参加したいです。まだまだ盛り上がれそうですね!

 (2004.07.25 RUN)