第1回モデラーズサミット レポート 「プレイバック!」
懇親会展示場にて(その2)

 TOCさんの「BIG-CLAW (ビグロ)」。

 TOCさんの「BIG-CLAW (ビグロ)」。2008年ガン王大阪大会シニア部門1位の作品。プラ板やジャンクパーツ等からスクラッチ。かなり巨大な作品でモデラーズサミット終了にこんな作品みせられて、「世の中にはすげー人がいっぱいいるんだなー」と思いました。1枚目の写真にうしろ姿の1/100サザビーがありますので、そこから大きさを察してください。
 裏面もみせてもらったのですが、すごい作りこみでした!



 こちらもTOCさんの作品。製作途中ですが、プラ板等により陸ジムから印象が随分変わっています。やはりフェイスをいじるのは効果的なんだなぁ。
 今回のモデラーズサミットでは、「プラ板」というキーワードが私の頭の中に入ってきました。今までプラ板工作なんて自分の中にないものだったのですが、なんだかとにかくプラ板で何かしたい気分になりました。



 onakin Sky-Walkerさんの「ストライクフリーダム2008」。これまた2008年ガン王東京大会シニア部門1位の作品。TOCさんも、onakin Sky-Walkerさんも、モデラーズサミットに参加はしていないけれど、こんなすごい作品を懇親会の時に展示してくれていました。一体どういう空間なんだここは?
 1/60ストライクフリーダムガンダムライトニングエディションの外装をPGのフレームにかぶせたのかな?

 そういえば、ざくさんも、こういう感じのストライクフリーダムでガン王2006東京大会で1位だったなぁ、あの時は「写真撮影禁止 本人または本人許可があれば撮影可」ということだったので画像がない・・・。



 柳生圭太さんのネモ。キャラホビ2009でRCベルグ×studioRECKLESSから限定販売されていたもの。柳生圭太さん御本人が原型製作された作品です。また、柳生圭太さんは、ガンダムマークUも展示されていました。



 マコリンさんのゾック。さるが太鼓をたたく玩具を利用して、ゾックが太鼓をたたくんです。モデラーズサミット会場では、ずっとポコポコ大きな音を鳴らせていました(笑)。懇親会場でも目立っていました。モノアイも発光するんです。

 懇親会時は照明がよくなかったので、画像はこのくらいです。他にも千葉のダイモンさんの「1/144迷彩ゾック」や、斉藤一さんの「1/144クシャトリア(フルスクラッチ)」が展示されていました。