第5回 春だ!ようこそ!SEEDコンペ! C

 完成品紹介の後編となります。
 このページでは、濱薫、RUN、山根、アポロ、関根氏の完成品を掲載しています。

【濱薫(G.P.M)の作品】

 作品名: 「ザフト忍法帳 “土とんの術”」
 とてもかっこいいです、全体から受ける印象がいいです。グーンの思い切ったポーズ変更もいいです。ちなみに、ボロボロのマフラーは瞬間接着剤をしみこませたティッシュにハンダゴテで穴を空けたもの。悪魔的な指先は爪楊枝。全体を溶きパテで被った後、暗い色で全体を塗り、パステルで色を立ち上げていくという方法をとっています。パステルをアクリル塗料で溶くとつや消しになる性質を利用して質感豊かに仕上げています。モノアイは付属のシールだそうですが、なんとなく光ってみえるから不思議です。
(投票の結果は第1位!やっぱりいいですね。私の周囲の評価も高かった。)


【RUN(千葉軍団)の作品】

 作品名:「AFTER SNOW 雪の跡・・・」
 ジンはダガーのライフルを奪い、ダガーはジンのソードを奪っています。勝ったのはダガーということです。指先の表情は重要なのでハイマニを使用しています。
 ダガーはダークイエローとオリーブドラブ、ジンはレッドブラウン、レドーム、ダークアースなどのサンド系のカラーを使い、ウォッシング、パステルによるウエザリングをしています。
 雪は石膏と重曹。樹木は鉄道模型用の樹木キットを使用。
(投票の結果第2位でした。大変光栄に思います。点数はわずかな差でしかなかったので順位よりも新たな自分を発見させていただいたことに感謝です。)


【山根さん(G.P.M)の作品】

 作品名:「なんちゃってゴールドフレーム天、今ならフライトユニットもついてくる・・・!?」
 いち早く塗装に突入した山根氏。なるほど随分塗り分けています。ブリッツガンダムのパーツやM1アストレイのパーツを使い、面白い作品になっています。
 ☆我が家の娘の投票では第2位でした!


【アポロ(G.P.M)の作品】

 作品名:「メカ・サタン」
 前日まで入院していたアポロ氏。恐竜の骨とバクゥの組み合わせは止めて、これを製作しました。1時間で作ったそうです。足が手に、手が足に、ガラットみたいです。恐竜バクゥもみたかったなぁ・・・途中で作品を変えると時間が限られているのでもったいないと思います。
 ☆我が家の娘の審査では「まあまあ」でした、他の作品は全部「好き」なのに(笑)


【関根氏(G.P.M)の作品】

 ノンタイトル。ミキシングビルド大爆発。フォルムは面白いです。一体いくつのキットを使用したのでしょう?全体のシルエットが大変かっこいいので塗装が大雑把になってしまったのが残念です。
 ☆我が家の娘の投票では第1位でした!
(投票の結果は第5位。やはりこのデザインが大うけといったところでしょうか。)



【後 記】
 普段、一人でコツコツ何日も時間をかけて作品を作っているため、一日で作品を仕上げると言うのはなかなか刺激的でした。確かにバンダイエッジにこだわったり、MAX塗りにこだわったりするのも模型の面白さとしてはあるのですが、自分の思いを一日で形に“子どもの頃に戻って”ガンプラづくりをするというのは、照れくさい言葉ですが、大事なことを思い出せたような気がします。

 ハッピーさんというお店は、昔ながらの小売店ですが、人の通りがある場所に面していて、おじさん、おばさんの人柄もあってか、“人が集まる”雰囲気があるな、と思いました。
 一般投票を3月22日から4月21日まで受け付けているので、私達が作った作品をぜひ直接見てやってもらえたら、と思います。


 現在、ホビーショップ「HAPPY」は残念ながら閉店されました。
 永きにわたり、ありがとうございました。
 (2018.03.14 RUN)