第13回イエローサブマリン千葉店ホビーコンテストを終えて


 第13回イエローサブマリン千葉店の模型コンテストの結果を再構成して残します。
 こつこつ積み上げてきてもう13回目!
 レポートも恒例となってきました。

○ガンプラ大型部門
 ・大賞 「HI END ATTACK」 (ハマー☆フランキーさん) 26票
 ・入賞 「ザクレジェンド」 (切り込み隊長さん) 23票
 ・入賞 「ガンダムver1.5」 (アストナージ) 16票
 大賞はハマさんのMGνガンダムの改造作品。コメントによれば「逆シャアのTVシリーズの第42話あたりに出てきそうな奴をイメージして作りました。」ということですが、よく見ると飛行機のパーツやいろんな模型パーツが使ってあるのにもかかわらず、そのまとまり感がすばらしい。いつもながら、はぁ〜すごい。
 二位は切り込み隊長のザクレジェンド。ザクウォーリアとレジェンドガンダムのパーツを使って、プロビデンスザクのようなかっちょいい作品でした。
 三位はアストナージ氏のガンダムver1.5。Bクラブの改造パーツを、手、腕、盾、ランドセル、に使用した作品。塗装もきれいでしたが、改造パーツが上手く利いていたと思います。

○ガンプラ小型部門
 ・大賞 「メタス」(岡谷卓治さん) 17票
 ・入賞 「SDグフ軍団」 (RUN) 15票
 ・入賞 「MOBILE MAY CRY」(Hirobrookさん) 14票
 大賞は、ガンダムADAPTのメタスを思い出すかのような印象を持つHGUCメタス改造作品。今回の小型部門の中では注目を集めた異色の作品。メタスが優勝か〜、やられた〜。
 二位 俺のSDグフ軍団。やった、うれしいです。よく考えれば相当時間がかかっている作品なので、入賞してうれしいです。ネットでUPした時には、「みんなどう思ってんのかな〜?」という感じでしたが、こうして結果が出るとうれしいっす。
 三位 Hirobrookさんの「MOBILE MAY CRY」。HGUCヘイズルベースですが、Gセイバーのパーツとか使われていてステイメン風にしてありました。Hirobrookさんは、よくGセイバー使っている気がするのは気のせい?

○ジュニア部門
 ・金賞 HGUCガンダムmkU(COUさんの御子息)25票
 ・銀賞 HGUCギャん(アストナージさんの御子息)19票
 千葉軍団のJrしか出品していないという。
 二人ともガン王とかに出てもらいたいです。

○スケール部門
 ・大賞 ビスマルク(Akemiさん)36票
 ・入賞 プジョー307WRC(藤田誠治さん)19票
 ・入賞 ドゴールの反撃(荒川眞さん)
 大賞は、うちのBBSにも書き込んでくれたことのあるAkemiさんのウォーターライン。
 二位のプジョーはカーモデル
 三位の「ドゴールの反撃」は、ついにきたーー!荒川眞さん。いつも3つずつ144スケールの作りこんだジオラマを作ってくるために、入賞していない荒川さんがついに入賞!実質的総得票数はいつもすごいと思うんだが、自分自身の作品の中で票が割れて、入賞しにくかったが、ついに今回は入賞!おめでとうございました。

○ノンジャンル部門
 ・大賞 1/100 オージェ (オレンジ・ボスさん)19票
 ・入賞 AV98 INGRAM2 REACTIVE ARMOR TYPE (まさろすさん)17票
 ・入賞 F14Aラーズグリーズの亡霊 (クウネルさん)15票
 大賞はオレンジ・ボスさん、バインダーを切り離して一枚一枚可動するという、すげぇ!塗装もとても丁寧できれいでした。
 二位のまさろすさんは、MGイングラムのキットを使った作品。
 三位のクウネルさんは、ディスプレイに気を使った戦闘機。

○課題部門(フュギュア部門)
 ・大賞 コノヱ「花右京メイド隊」(ギンさん)24票
 ・入賞 魂舞オープン・ユア・マインド(アポロさん)23票
 大賞は、メイドフュギュア。
 入賞のアポロさんの作品は、シレーヌのガレージキットを2つ使った力強く優美な作品

○特別賞
   特別賞は順位とは別にお店側でよいと判断した作品が選ばれています。
 ・店長特別賞 1/250 ザクレロ(竹辺悦子さん)
   初エアブラシ作品でザクレロ、いいねぇ〜。
   以前「アムロ専用アッグガーイたん」というジオラマを作られた方ですね。
 ・スタッフ賞 MGガンダムVer.ONE YEAR WAR(高槻奈々さん)
   妊娠中に製作を開始し、出産後に再開
   お子さんに破壊されながらも見事なガンダムを完成!スゲー!
   こういう方が出品されると「おおっ、すげぇ」と思います。

【後 記】
■サークル単位で出したのは今回はなし?
 今までG2000、千葉軍団、G.P.Mがサークル単位で出品してきて数を稼いでいたところですが、今回はついにサークル単位の出品はなし。千葉軍団もフリーにしたが、みんなが出品したわけではなかった。次回はがんばろうーオー。

■出品数
○総出品数は119作品(9回)・82作品(10回)・73作品(11回大会)・73作品(12回大会)・69作品(13回大会)ということで、ついに70作品をきってしまいました。MODEL RUNNERでも宣伝遅かったかな〜・・・、次回はもっと宣伝して作品を増やそうーオー!

■各部門出品数
○大型部門 38作品(10回)・28作品(11回)・21作品(12回大会)・25作品(13回大会)
 25作品前後を推移している。
○小型部門 26作品(10回)・21作品(11回)・25作品(12回大会)・19作品(13回大会)
 今回はすくなかったんだなぁ。
○スケール部門 8作品(13回大会)
 スケール部門は結構狙い目かも。
 あっ、俺は名声が欲しくて東武コンに大和だしちゃったんだ(笑)
○ノンジャンル 18作品(10回)・17作品(11回)・16作品(12回大会)・6作品(13回大会)
 ここもすくなかったんだなー。 
○ジュニア部門 3作品(12回大会)・2作品(13回大会)
 2作品で、2作品とも入賞。作品数は少ないが、ここ大事なので、次回もある部門。
○フュギュア部門 9作品(13回大会)
 結構人気あったんだなー。 

■入賞作品以外で私が気になった作品
・ら教くんの「アッガイシハラ」。千葉軍団のジャンケン大会でGETしていったMGアッガイの顔が石原都知事にぃぃぃ。本人見たらビックリするだろうなぁ。
・福田さんの「MGリガズィ」。ガトリングガン付き。俺はガトリングガンが好きなんです。
・かにたまさんの「MGゴッグ」。アクリルガッシュ筆塗り作品、デカールなど貼ってあったらさらにいい作品として目立ったのではないでしょうか。タケトさんの奥様の作品だということを知ってさらにビックリ。
・工藤裕治さんの「赤ザク」。この方は、いつもMa.Kで参戦してきてくれる人なんだけど、今回は珍しくザク。マスターグレードFUザクベースのようですが、よかった〜。おそらく筆塗りだと思うんですが、いい感じだった。こういう作品に惚れちゃう。お友達になりたいなー。
・アストナージ氏のSD百式。いいねぇ、金の輝きがぁ。
・Q.Bさんのギャンタンコ。マゼラアタックの下半身にギャンの上半身が!そしてビネット仕上げ。こういう作品は大好きです。熱いぜぇ。
・バーニィ氏の1/100ゴッグ。HGUCゴッグや旧キット1/100ゴッグなどをミキシングしてかっちょいいゴッグに。そして展示ベースも製作。こういったスケール違いのキットを使う方法は山田貴裕さんが作ったバラエティグレードを思い出します。
・Akemiさんのコレクションネオ「1/400 ムサイ級軽巡洋艦」。大きさ58センチの大型モデル。Akemiさんは、スケール部門で入賞されていますが、力強い人だと思いました。
・ハマー☆フランキーさんの「FAILED GAIVER」。ガレージキット改造作品。ハマさん、すごいなぁ、ガンプラもすごいけど、模型もすごい。

■今回思ったことetc.
○回を重ねるごとに少しずつ出品数は少なくなっているようですが、わかるんだよなぁ。千葉軍団内でも模型づくりのペース、みんな落ちてるし。今僕は35歳だけど、僕前後の年齢のモデラーが層としては厚かったんだけど、今、その世代がみんな忙しくなってるのかなって気がする。そしてジュニアがなかなか育っていかない。今の子どもたちは、プラモデルより簡単に遊べるものを求めているし、遊びも多様化してしまっているようだ。

○イエサブ千葉は、細かく部門わけされているため、他店のコンテストに比べれば入賞しやすいかもしれない。ガンプラ部門以外は出品数は少ない。

○ガンプラ部門は、いつも上手い人やコンテストに慣れている人が参加しているので、簡単に勝てはしないが、何か目新しいことをすれば勝てるチャンスがあるということを、メタスの改造作品は教えてくれた。

○さあ、戦おう!っていうかプラモ作っていきましょう。パチ組みもいいけど、アイディアを凝らし、コンテストに参加してみましょう!

 (2006.09.08UP) [RUN]


 →第14回イエサブ千葉ホビーコンテスト(2007年2月)のお知らせ