第10回イエローサブマリン千葉店ホビーコンテストを終えて




 第10回イエローサブマリン千葉店コンテストの結果です。
 もう知ってる人も多いかもしれませんが、私の視点から見た結果ということで。
 得票数は、店頭ガラスケースの奥の結果一覧表の数字を元にしています。

○ガンプラ大型部門
 ・大賞 B・スコーピオン(GPM 切り込み隊長) 30票
 ・入賞 モンゴリアンチョプ・スクアッド(GPM 濱薫) 28票
 ・入賞 好敵手2(coji-coji) 23票
 ・入賞 PGリアルタイプガンダム(カプリチョ) 21票
 大賞はGPM切り込み隊長、V3達成!!!?えーーーー!MGボールをタチコマ風に、攻殻機動隊のあのメカをモチーフにしているのだけど、これがまたいい味なんです。うちのチコブルも好評価してました。2位と僅差なんですがねぇ、投票式審査なので何度でも勝てるのがこの大会のいいところでもあります。誰か〜、誰か止めるものはいないのか〜(笑)。俺も1票入れてたよ、ハハハ。
 濱薫さんの作品は、MGボールを2個使ったジオラマ風のオブジェ、今回はオブジェといわせていただこう。芸術作品といいますか、創造性あふれる作品といいますか。俺の予想ではこれが1位だとおもったんだけどなぁ。ちなみにチコブルにはグッとこなかったようでした、う〜む。
 coji-cojiさんのPGガンダムG3カラーは、各部ディティールアップしてあって、コンテストのツボを押さえている作品です。派手なポーズはないものの全身の細かいモールドなどがかっこよさを引き立てていました。
 カプリチョのリアルタイプカラーのPGガンダムは、ウェザリングのないきれいなリアルガンダム。かっこいいデカールが作品をひきたてていました。
 前回の大賞は30票、入賞ラインは23票。同じくらいですね。

○ガンプラ小型部門
 ・大賞 「震える山」(おっちゃー) 28票
 ・入賞 フォースインパルスガンダム (マッシュ) 25票
 ・入賞 ゲルググ (G2000スズキ) 24票
 ・入賞  「LEGEND AGAIN」(Gセイバーのディオラマ)(hirobrook) 23票
 大賞は、おっちゃーのHGグフカスタムで有名なシーンをジオラマ化。早々に私はおっちゃーに「俺の中ではおっちゃーのが大賞」とメールしてまして、小型部門の中ではかなり印象がよい作品でした。突っ込みどころもあるのですが、他の作品と比較すると差があったように思います。
 マッシュのフォースインパルスガンダムはコレクションシリーズの400円のガンダムをHGかと見間違えるほどによく塗装してありました。スジ彫りのシャープ化や、マスキングによるフルエアブラシ塗装と、細かい作業ができる男マッシュ氏の技がいかされた作品だと思います。
 G2000スズキ氏のゲルググはHGUCをシャープに仕上げていました。「いい作品ないかなぁ?」と探していて「ムム、これはよく出来てるぞ」と見たらスズキさんのでした。俺の中では過去のスズキ作品の中でナンバーワン。工作精度がとても高い。G2000で激しい波にもまれているのか(笑)
 hirobrookさんのGセイバーのジオラマは、前回と雰囲気が似ている感じでした。
 小型部門、前回の大賞は28票、入賞ラインは25票でした。こちらも今までと同じくらい。

○ノンジャンル部門
 ・大賞 Zの群像(カクタ) 29票
 ・入賞 「解放」(荒川眞) 22票
 カクタさんのはZのボトルキャップのリペイント(?)かな。よく塗装してあって、みんなが票を投じたのは納得。荒川さんは144の戦車系のジオラマなんですが、ライターでもつとまりそうなクオリティでした。3つもいい作品を出してあって、投票しにくかったです。票がまとまれば荒川さんが1位みたいなもんだけど、荒川さん自身、賞を目当てで出してるわけでもなさそう。とにかくどっちもよい作品です。細かいこと好きだな〜、二人とも。ぜひお知り合いになりたいなぁ。

○特別賞
 ・店長特別賞 MGケンプファー(ケイ太) 20票
 ・スタッフ賞 ソードカラミティカスタム アシュラ(大野利栄) 19票
 ケイ太氏のMGケンプファーは、店員さんからの又聞きによれば、私のケンプファーを参考に印象がかぶらないように塗装したとのこと。なるほどウェザリングが入っていてとてもいい色味の作品だと思いました。俺は好きです、この作品。
 大野さんの作品は、ソードカラミティの腕にGP−03の腕がついているのが印象的ない作品でした。腕が伸びて刀を振るらしいです。メタリックなソードカラミティがいい感じでした。

【後 記】

■今回の模型サークルはGPMがえらい。
 がんばったのはGPM。MGボールver.kaを使った個性的な作品群でした。百鬼夜行終わったばかりなのにどちらにも新作を出した人が何人かいて、頭が下がりました。
 千葉軍団は今回は課題キットなしで、自由に参加です。入賞者も結構いてよくがんまりました。ビネットや大型キットなどにチャレンジしています。
 他の模型グループも今回はあまり目立った動きはなかったように思いました。

■出品数は減、投票者数はあまり落ちず
 出品数は前回の82作品と前回の119作品から大幅減。冬のイエサブコンは寒いので?少ない傾向があります。千葉軍団とG2000が集団参戦しなかったというのもあるでしょう。投票者数はいつも50〜60人くらいです。だから10票の人は50人中10人くらいが投票してくれているという感じでしょうか。
 大型38作品、小型26作品、ノンジャンル18作品。同じ題材のMGボールver.kaが大型だったり、小型だったり、144ザクウォーリア3体セットだと大型ということで、どうもジャンルわけが不自然だったようにおもえます。次回は100なら大型、144なら小型などとしてみてもいいのではと思いました。

■恒例の私が気になった作品
・DAaa氏のヅダ 8票
 (実はこれが今回のこのコーナーの一押し。かっこいいと思ったし似ていた。MGザクUが芯になっているとは思えない感じの出ている作品でした。)
・木村理恵子さんののトラ柄ガンダム 9票
 (きれいにできてるんだよなぁ、トラ柄にさらにプラスアルファがあれば!)
・タケトのガンダムマークU 7票
 (かなり工作量があったようですが何かバランスが気になる。注目度は高い。造形が独特。)
・GPM UME氏の未確認アッグタイプ 15票
 (いいデザインです!仕上げがよければ入賞に食い込めたのでは。前回のギャンダムの時もそういう風に感じました。)
・GPM 藤井氏の塗装前塗装ボール 12票
 (地味だがいいっす。工場の雰囲気がでてました。)
・GPM 亀太朗氏のEx−Sガンダム 15票
 (入賞してもおかしくないと思うんだけどなぁ、いい出来だと思います)
・ら教 Ex−S? 14票
 (その技術で普通のEx−Sが見たいよう〜)

■今回思ったことetc.

○大型でも小型でも、いつも言っているように概ね10票が一つの目安なのではないかと思います。私は大型部門で10票。投票してくれた方、ありがとうございました。百鬼夜行で高順位だったKOBAさんのガレージキットZガンダムも10票、むむこちらも厳しい評価。百鬼夜行の使いまわしは、俺とKOBA氏とギョ氏だが、2度出しはやっぱり厳しい評価でしたね(滝汗)。結果はイエサブコンとしてはほどほどの数字ですが、決して満足してはいけない数字だと思っています。

○「かっこいいイメージ」これが描けるかどうかが勝敗の行方を左右するとヒシヒシと感じています。工作の上手さというより、自分が描いたかっこいい絵が、世間的にも評価を得られるかっこいいイメージなのかどうかが重要かと。ファッションとかに似ているかも。自分ではかっこいいと思っていてもまわりに理解してもらえなかったり。なかなかコンテストで勝てないという人は、いきなりオリジナルに行くのではなく、模型誌のものを100%コピーして技を磨くというのも手かな。

○投票者はモデラー半分、普通のおばさんや通りすがり半分です。イエサブの店員によれば、やはり、モデラーでない人が多数投票しているので、何かアピールポイントが目立つ形である作品が得票を集める傾向があるそうです。そういう意味では、切り込み隊長の作品などは、「ギョッ」としておもしろくて票を集める理由が十分ある作品だと思います。このサイトでもアップしますがギミックもあるのにそれを出さずに勝ってるんですからすごいです。

○参加者が前回の3分の2ですが、とにかく出品しつづけると入賞する可能性はあがります。イエサブでは入賞することさえ、かなり難しいですからコレクションのインパルスで入賞したマッシュ氏は大金星ではないでしょうか。おっちゃーは実力あるのでもっとがんばれ(笑)

■コツコツアップしま〜す
 千葉軍団作品、GPM作品などアップしていきますので気長にお待ちください。
 おおっつ、もう3時だ、寝ます。

 (2005.03.06UP) [RUN]